« うちのお雛さま。 | トップページ | 女性性を生きる。〜保富歩さんのお話より。 »

2016年2月 1日 (月)

女のからだを生きる。〜三砂ちづるさんのお話より。

Img_3715
すべての女の子が
幸せでありますように。
豊かでありますように。
前の記事でそう書きました。
Img_3644
もちろん、
すべての男の子も・・・。
ですが。
もっと言えば、
男と女の2つの性だけに分けてしまうのも、
おかしいですけどね。
でもわたし自身が女子だから、
女の子どうし、
産む性、育む性のことを、
思うのです。
興味があるのです。
Img_3646_2
最近、
三砂ちづるさんのインタビュー記事を読みました。
ここで紹介しときます。
長いけど、
ピンときたら、
読んでくださいね。
三砂ちづるさんが、
最後の方でおっしゃっている、
「月の小屋」みたいな集い、
わたしも、
やりたいなあと思っています。
*****************************
(原基→大もと、根本的なもの)
*****************************
本文より。
「生の原基」をしっかりつかむような暮らしをしていると、
生きていくことじたいが肯定できるようなものである。
人間の出産が喜びに満ちた経験である、
と伝えることは希望というものなんじゃないかと思いますね。
自分の体とどんなふうにつき合っていくのかということは、
たとえ誰も教えてくれなかったとしても、
自分で感じていかないといけない。
Img_3641
女のからだを生きる喜び・・・。
わたしは、
30代に入ってから、
妊娠、お産、お産のあとの月経の再開、
母乳育児を繰り返しながら、
めいいっぱい味わっています。
喜びも・・・、
哀しみも・・・。
今、
ほんとうに、女のからだを生きることができて、
幸せやなー。
また生まれ変わったら女に生まれたい。
そう思います。
そんな思いを、
みんなと分かち合いたいです。

|

« うちのお雛さま。 | トップページ | 女性性を生きる。〜保富歩さんのお話より。 »

妊娠出産など」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/63738136

この記事へのトラックバック一覧です: 女のからだを生きる。〜三砂ちづるさんのお話より。:

« うちのお雛さま。 | トップページ | 女性性を生きる。〜保富歩さんのお話より。 »