« ネガポジライブ物語・その3・ | トップページ | ネガポジライブ物語*番外編〜コヒヤマ君ありがとう。 »

2016年4月 7日 (木)

ままやさんのジャムと、次のライブのお知らせ。

Img_5279

長男坊が、
京の都へ留学のため、
生活のベースを、
京都に移しました。
そのなんやかんやで、
春休みは、
ライブのことと、
長男のことばっかりになってしまいました。
Img_5283
なんか、
結局、どこにも遊びに連れて行ってへんのちゃうかなー。
春休みやったのにねえ・・・。
(まあ、ここが一番の遊び場ってのは、わかってるんですけど。)
わたしと、次男坊、三男坊と、娘っ子。
この4人で過ごすことが多かったです。
子ども3人に大人ひとり。
これだけいたら、
普通やん。
ほかと比べると、別に少ないことないやん・・・。
なのに、
なんか、静か。
なんか、寂しい。
それぞれ、
明るく楽しそうに、
それなりに賑やかに過ごしてるのに・・・・・。
おかしいなあ。
そう感じるのは、
わたしだけ?
Img_5232
春休みもさいごやし、
なんか、
子どもらが喜ぶようなことしてやりたいな〜と思いました。
しかし、
ここで、わたしがしてやれることと言えば、
美味しいものを作ってやることくらい。
だけど、
いつもよりも特別なものを・・・・。
と、思いまして、
前から、
大事に取っておいた、
ままやさんからいただいたジャムの瓶を開けました。
ほんまやったら、
6人で分けるところを、
4人で分けられるし、
おもいきり味わえるやろーと、
そんな下心もあった・・・?
見た目があまりにも美しくて、
もったいなくって、
開けずに飾っておいた瓶です。
焼きたてのスコーンとともに。
Img_5260
ほどよくつめた〜くて、
おいし〜い伏流水を炭酸にして作った、
自家製ジンジャーエールと、梅サイダー。
暖かくなってきたので、
こんな飲み物が美味しく感じられるようになりました。
Img_5254
ままやさんのジャム、
グラデーションになっていたので、
スプーンですくうたびに、
だんだんと、
色が変わってきます。
ひとさじ、
ひとさじが、
とってもきれいです。
Img_5256
娘っ子のときは、
黄色と、朱色?
きれいやねえ。
Img_5259
わたし、
てんこ盛りにしたった。
おいし〜い。(≧∇≦)
Img_5258
一番よくしゃべって、
一番よく歌って、
一番動きが派手で、
一番やることが突拍子なくって、
一番うるさくて、
一番よく眠る、
はるやに一番に生まれてきた、
長男がいなくなって、
なんとなく寂しい気持ちがつきまとっていたけど、
きれいなジャムのおかげで、
ぱ〜っと、華やいだ気持ちになりました。
ままやさん、ありがとうね。
Img_5255
さて、
京の都に行った長男ですが、
入学式を済ませて、
また、帰ってくることになりました。
(な〜んや。)
なんと、
地元からオファーがきまして、
桜祭りに出演が決まりました。
地元でやると、
クラスメイトたちもやって来る。
わたしたち、
変わった家族やということが、
バレてしまう!
母「恥ずかしいことないか?」
息子「別に〜」
ということで、
(前は嫌そうにしてたんだけど、もう慣れたんかな?)
やらせていただきますよ。
わたしたち、
このおまつり、初めてなんですけど。
桜はばっちり満開のタイミングになりそう・・・・・と言うことです!
お楽しみに〜。
2016white

|

« ネガポジライブ物語・その3・ | トップページ | ネガポジライブ物語*番外編〜コヒヤマ君ありがとう。 »

はるやバンド」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

旅暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/64850093

この記事へのトラックバック一覧です: ままやさんのジャムと、次のライブのお知らせ。:

« ネガポジライブ物語・その3・ | トップページ | ネガポジライブ物語*番外編〜コヒヤマ君ありがとう。 »