« 今日も森を歩こう | トップページ | うちのアリス »

2016年6月 2日 (木)

パサンと森と焚き火とチャイと。

Img_6998

はるや探検部、
この日はスペシャルゲスト有り。
Img_7162
ひきしまった身体で、
がっちりと、
4歳児をおぶって
力強く大地を踏みしめて歩いている、
このお方は・・・。
Img_7172
なんと、
ヒマラヤ山脈出身、
シェルパ族のパサンさん!
キャー!すてき!
かっこいい!(≧∇≦)
Img_7174
シェルパ族vsジャパニーズ山岳民族男子。(なんのこっちゃ。)
ジャパニーズの山岳民族男子も、
なかなかの脚力。
幼少時代から山で遊んでいますから。
Img_7163
この日は、
バルセロナからのゲストもあり、
国際的な森歩きでした。
Img_7168
そう、
うまこさんも来てくれたし。
Img_6945
パサンさんの焚き火が美しかったのです。
いつも適当に火をつけて、
ぐちゃぐちゃっとしている、
焚き火の場所を、
まずは、
ひたすらきれいに清め掃除するところから、
始めておられました。
Img_7145
見違えるほどすっきりしました。
標高2000メートル以上の村で育ったパサンさん。
家からエベレストが見えるという・・・。
毎日火を熾こす暮らし。
なるほどねえ。
焚き火の場所は神聖な台所でもあるんやね。
わたしが、
台所の調理台やコンロ周りを毎日拭き掃除するみたいに、
火の周りは、
美しく保つ習慣があるのでしょうね。
Img_7146
同じように火を熾す暮らしをしているうまこさんでさえ、
パサンさんの火の扱いの巧みさには、
感服しておられます。
火ばさみや団扇などの道具もいっさい使わずに、
ちょうど良い加減で火をキープできる、
この技術。
かっこいいなあ!
Img_7159
パサンさんが喜んでくれるかなあと、
ダルとプラオを作りました。
みんなでネパールの山をトレッキングしたときに見た、
働くシェルパ族の人たちの食べっぷりの凄さが、
今も忘れられません!
ほんの少しの辛そうなダルで、
洗面器いっぱい分くらいの!
ご飯食べてはりました。
パサンさんも、
どうぞ、いっぱいお代わりしてね!
いっぱい作ったから!
Img_7148
チャイを作ってくれました。
チャイは、
わたしらも、
家で、お店で、
何十年も・・・でもないけど、
作ってきたけれど・・・。
Img_7183
パサンさんの淹れてくれたチャイは、
違ったんだよなあ。
味が。
なんでやろ?
おいしかったー。
このカップはね、
わたしが20年くらい前に、
ネパールで買って、
布やらで包んで、
割れないように大事に大事に持って帰ったもの。
(今じゃ、普通に売られてますけど。)
パサンさんが、
とても喜んでくれました。
チャイカップもうれしそうよ。
Img_7189
素敵な午後のチャイタイムでした。
Img_7184
こんな山奥に、
世界中を旅したうまこさん、
シェルパ族のパサンさん、
バルセロナから、
やはり世界を旅するビジネスマンのカルロスさん。
なんて面白い顔合わせ。
話題もワールドワイドで、
楽しい一日でした。
Img_7190
夕暮れどき、
名犬わんこも、リュックに押し込まれて、
帰りました。
Img_7195
ありがとねー。
Img_7198

|

« 今日も森を歩こう | トップページ | うちのアリス »

はるや探検部」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

旅暮らし」カテゴリの記事

森通い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/65799247

この記事へのトラックバック一覧です: パサンと森と焚き火とチャイと。:

« 今日も森を歩こう | トップページ | うちのアリス »