« 迷っているあなた! | トップページ | da-naのはなし »

2016年11月22日 (火)

足りないものはなにもない〜11歳おめでとう〜

Img_1637

少し前のお話です。
季節は、やはり秋。
Img_1644
ん?
どこかで見た、
緋色の風呂敷マントの人。
025_1
w(゚o゚)w
037
当時、
栗色のカーリーヘアがかわいくて、
「天使みたい❤️」って言われてた頃が、
確かにありました。
男子3兄弟の、
かわいい末っ子だった頃が、
確かにありました。
誰でしょう?
039_2
うちの三男坊でした。
天使みたいだった子も、
今じゃ、メガネ男子。
このたび、
11歳になりました!
Img_9414
はるやバンド、
コーラス&ときどきリードボーカルから、
ほぼ全曲リードボーカルへ昇進!
自慢の声を聴かせてくれます。
Img_8334
お山の学校でも、
全校たった3人の生徒の中のひとりとして、
和太鼓や行事で、
絶賛活躍中。
Img_1343
Img_1349
Img_0206
学校3人ぽっち。
家では、
長男はおらんし、
中学生次男は帰ってくるの遅い。
末っ子は、
あんまり遊び相手にならん。
一人で過ごすことが多い三男坊ですが・・・・・。
Img_1575
それがね、
いつも、楽しそうにしているのです。
学校から帰ってくるなり、
「外で遊んでくるわー!」
大雨でもないかぎり、
元気良く飛び出していきます。
Img_1577
川のそばで、
森の中で、
ひとりぼっちで長いこと・・・・・。
何して遊んでいるのでしょう?
小鳥の姿を追いかけたり、
さえずりに耳を澄ましたり、
美しい羽を見つけたり・・・・、
大好きな野鳥のこと・・・・。
それとも、
空想の中で冒険か何かしているのかなあ。
謎やわ。
(一緒に飛び出していった犬も、途中で飽きて帰ってくる。)
Img_1582
子どもの時代に、
たくさんの友達たちと、
喧嘩をしたり、仲直りしたり、
毎日顔付き合わせて、思いっきり遊ぶ日々はとても大事だと思っていました。
なのに、
そんな毎日が過ごせないのは、
どうなんだろう?
面白くないんとちゃうかなあ?
そんな環境に恵まれなかった三男坊を、
不憫に思うこともありました。
でもね。
どうやら、それは、
勝手な、わたしたちの思い込みだったようです。
だって、
この人、毎日楽しんでいるんやもん。
(顔に出てる。動きに出てる。)
そして、はるさんとわたし、
「なんか知らんけど、ひとりでこんなに楽しむことができる、
この人すごい!」
と感心しています。
誰にも、何にも頼らず、
自分で楽しむことが得意というのは、
無敵やん・・・・と思います。
Img_1595
そして、
毎日会える、
同年代の友だちは、極端に少ないけれども、
毎日笑顔で迎えてくださり、かわいがってくださり、
彼の持っている力を信頼して、
引き出してくださる、
学校の職員の方々、
彼の成長を喜び、
声をかけてくださる、
地域のみなさん、
親戚みたいな、
たまに合う仲間たち、
そして、もちろん家族のみんなと、
濃く太く、しっかりとつながっていて、
大きな安心の中で、
日々たくさんの愛を受け取り、
満たされているということ。
それだけあれば、
何も足りないものはないなと思います。
Img_1601
赤ちゃんは、
生まれるタイミングも、
生まれ方も、
生まれる場所も、環境も、
すべて自分で選んでくるのだということ。
これは、
むかし暮らしていた古民家の五右衛門風呂で
三男坊をプライベート出産したときに、
確信したことですが、
その後の、育っていく環境もまた、
自分で選んでいるのかも・・・・?。
いえいえ、
4人の子どもたちそれぞれが、
今、生きている世界を見てたらね・・・・・。
「かも?」じゃなくて、
確信しています。
みんな、自分で選んでるということを。
Img_1591
だからね、
今、この子が生きている環境で、
あれが足りない、
これが足りない、
なんて、心配することは何もない。
これで大丈夫なんやわ。
この子が恵まれているものの中で、
じゅうぶん、満たされて育つ。
その環境で育ったからこその、
個性は強く出るだろうけども、
偏るなんてこと、心配しなくていい。
そのうちに健やかにバランスよく育っていくもの。
学校に行かなきゃ、
協調性、社会性、適応性、コミュニケーション能力、
基礎学力などなど、
身に付きませんよ。
友達づきあい、できませんよ。
けんかのルールもわかりませんよ・・・・・。
ホームスクーリングしてたとき、
いろいろ言われたけどさ、
それって、
ずっと学校行ってるのに、
身についてなさそうな人、いっぱいいるやん。
学校行っているかどうか。
大きい学校に行っているか、
小さい学校に行っているか、
友達多いか、少ないか、
兄弟いるか、いないか、多いか、少ないか、
お父さんいるか、いないか、
お母さんいるか、いないか、
田舎か、街か・・・・・。
どっちが子どもの育ちに良いのかって?
そんなこと考えなくて良いでしょう。
個性は強く出るだろうけど。
「足りない」とされていることが、
むしろその人の「強み」に変わったりすることが多いんとちゃう?
長男も、
次男も、
学校へ行ってない時代もあって、
常識的な人たちからみると、
足りないものだらけの環境だっただろうけど、
でもね、
全然問題無しでした。
今は、どこ行っても、かわいがられ、
ユーモアがあって、
出会いを楽しみ、
学ぶことを楽しみ、
自分の人生を愛する人間に育っていっています。
「学校行かなかったから<こそ>身についた」、
能力、魅力・・・の方が、実は大きいなと思います。
ああ、あのとき、学校に行ってなくて、良かった・・・・・。
(*^m^)
Img_1616
そして、
うちの三男坊の場合。
家の周りに無限に広がる豊かな自然と、
家族がある。
それでじゅうぶん。
なんやわ・・・・・。
そんなこと、
三男坊に、教えてもらう日々です。
Img_1903
さて、
そんな三男坊の誕生日のメニューといえばこれ。
はるや日記愛読者のみなさまは、ご存知・・・・かも知れません。
おはぎですね。
 
045_1
「すべての道は、ローマに通ず」
はるやの場合、
「すべてのおはぎは、hikariに通ず」from harufumi
今年もいっぱい作ったぜ!
Img_0952
おめでとう11歳。
Img_1045_1
山からの水と薪で、
はるさんが準備した、
よい火加減の五右衛門風呂。
(*^m^)
彼が生まれてくるのに必要なものは、
たったそれだけだった。
山と水と火の神様に手伝ってもらって、
家族に囲まれて、
満たされた顔して生まれてきたhikariちゃん。
生まれながらにして、
「足るを知る」男。
長男、次男と続いて、
今から、どんどん変身していくんだろうな。
楽しみにしてるよー。
バンドで、学校で、
キミの堂々とした歌いっぷりに、
和太鼓の叩きっぷりに、
いつも惚れ惚れとしています。
いつも力もらっています。
ありがとう!
hikariちゃんと今世で出会えて、
親子になれて良かった!
明日のライブも、思い切りいこうね!!!
Img_2028

|

« 迷っているあなた! | トップページ | da-naのはなし »

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

三男、ひかりくんのお誕生日おめでとうございます。
くりくり頭の写真かわいいですね。
小さな子どもはマント好きですよね。愛らしいです。

「今この子が生きている環境の中で、あれが足りない、これが足りない、なんて心配することはない」

心に響きました。
ふと気づくと足りないものが気になっている(探している?)私ですが、素のままのその子どもの成長を見守るだけでいいんですよね。子どもは日々成長していつかは親元を離れていくもの、一緒にいられるときはその一時を楽しむこと愛しむことに費やしたいですね。

投稿: ゆき。 | 2016年11月23日 (水) 20時32分

ゆきさん、ありがとうございます。
わたしが伝えたかったこと、
ゆきさんにしっかり感じてくださって、
うれしいです!
子どもたちが小さいころは、
つねに「これで良いのだろうか?」という思いがあったのですが、
彼らが成長するにつれて、
少しずつ、答えが見えてきたようで、
そんな気づきを、これからも書いていこうと思います。

投稿: ユミエ | 2016年11月25日 (金) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/68448156

この記事へのトラックバック一覧です: 足りないものはなにもない〜11歳おめでとう〜:

« 迷っているあなた! | トップページ | da-naのはなし »