はるやバンド

2016年12月10日 (土)

ネガポジライブ、ありがとうございました。

Img_2026

先月の話ですが。
Img_2040
はるやバンドライブinネガポジ京都へ、
来てくださったみなさま!
ありがとうございました!!
あれ?
ここ、
ほんまにライブハウス?
Img_2051
なんだか、
昭和な雰囲気が漂っていますが。
(犬もいるし。)
Img_2045
Img_2073_1
スペシャルゲストのBoscoさんですよ。
Boscoさんのフィドルの調べが、
華を添えてくれました。
ありがとうございました。
Img_2076
今回、
hikariはメインボーカルで、
最初から最後まで、
声を枯らすことなく(笑)
元気いっぱい。見事な歌いっぷりでした。
(水一滴も飲まんとなあ〜。若いな〜)
Img_9147
Img_9102
本人的には、
満足のいくプレイではなかったようですが、
そうやったかなあ〜?
一緒にできるだけ、
わたしは、満足よ♡
ありがとう。
Img_9105
今回は、
本人いろいろと思うところあり、
「アコースティックギターでいく」と宣言したものの、
バンドメンバーの若者たちがそれに納得できず、
エレキに変えたはるさんです。
そりゃ、そうやろ。
せっかくのライブハウスやもん。
若者たちは、ロックがええよ〜。
ジェネレーションギャップとどう折り合いとつけていくか、
これからの課題?(*^m^)
Img_9125
あいかわらず、
淡々と、弾きこなす、taroはん。
力入りすぎず、抜きすぎず、
好い加減が、良いかんじ。
Img_2037
コード知らん。
楽譜無し。
「適当に合わせ弾く」
このやり方が、いつまで通用するのでしょうか。
(;;;´Д`)
それでもなんとか、メンバーに入れてもろてます、わたし。
Img_9096_1    
・・・・・そんな、はるやバンドでした。
Img_9160_1    
Img_9136
Img_9133
お客さん、
来るかなあ・・・・。
期待してた、
いつもの頼もしい家族ぐるみの応援団が何組か、
今回は、欠席となり、
寂しいなあと思っていましたが・・・・。
あっと驚くような、
懐かしい人たちも、
顔を出してくれたり、
遠路はるばる、
お山の中学校から、
来てくれたり、
少ないおこづかいから、
電車賃浮かすために自転車乗って、
駆けつけてくれた子がいたり、
ほんと、
ありがたい。ありがたい。
おかげさまで、
今回も、大にぎわいとなりました。
ありがとう。
Img_2094
15134102_1080456085386848_111457553
今回も「ヤラレター!」(≧∇≦)
バクマイズ!
Img_2060
参加型ライブ、
ジ・オリンピクス
Img_2084
なんだか、豪華絢爛な記念写真ですね!
3バンドのみなさんと。
Img_9191
そんなわけで、
はるやバンド2回目のネガポジライブ、
今回も、
ちびっこから、ナイスミドルから、
おまけに犬まで!
笑顔いっぱいの楽しい夜となりました。
ありがとうございました。
来てくださったみなさん、
おひとりおひとりにお礼が言いたいです。
ナイスな写真撮ってくれたshihoちゃんもありがとう。
こんなバンドに付き合ってくれたBoscoさん、keikoさんもありがとう。
そして、
ネガポジのみなさん、
お世話になりました。
ちなみに
今回は、はるやバンドの若者たち、
調子に乗って豪勢に飲めや喰えやと楽しまはったので、
「赤字」( ̄◆ ̄;)
となりましたとさ。
ちゃん。ちゃん。
まあええか。
楽しかったしね!!!!
Img_9172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

迷っているあなた!

Img_1761_2

週末に、長男がドラムと共に帰省しました。
もちろん、
ネガポジライブに向けてセッションするため!
Img_1871_1
セッションも大事ですが、
滅多に帰ってこられない長男坊に、
美味しいもんも食べてもらわな!
と、
親心も発揮?して、
いろいろとおやつ作りました。
食べては、セッション、
食べては、セッションしておりました。
Img_1874
自家製のルバーブで作ったジャムのタルト。
美味しかったです。↓
Img_1892
Img_1898
Img_1900
ふだん、ここに居ない長男にとって
初めての曲も多いし、
最初は、バラバラなかんじでしたが・・・。
Img_1869_1
一つ屋根の下で過ごして、
一夜開けると、
不思議なことに、
なんとなく、まとまってきました。
Img_1886_1
さすが、家族やね。
みんなで慣れぬ餃子包んで・・・。
Img_1905
スープ餃子しました。
Img_1908
ま、餃子は
どうでもいいんですけど。
ふだんは離れて暮らしているけれど、
こうやって、
たまに帰ってきて、
一緒に美味しいものを食べたり、
一緒に音を出して、
音を重ねて、
互いの音に耳を澄ませて・・・・、
そんなことをしているうちに、
なんとなく、
家族の気持ちに調和が生まれてくるかんじがします。
目に見えないけれど、
互いの何かが通い合うかんじがします。
Img_1875
バンドやってて、良かったな。
Img_1881
そんな、
家族のバンド、見に来てくださいねー。
いよいよ明後日23日。西院ネガポジにて。
京都のはるや日記ファンの方、
このライブに来てくれたら、、
わたしたちが、人生でとても大切にしてること、
すぐわかりまっせ。
元気無い人、元気出まっせ!(ほんまかいな)
なにやら深刻に考えてる人、「ま、いいか」って気楽になりますよ!(ほんまかいな)
のびのび子育ての秘訣、わかりますよ。(ほんまかいな)
夫婦円満の秘訣、わかりますよ。(←これは、無いかも!)
(ユミエのお話会より、こっちの方がおすすめよ!
だって、家族全員で表現してるんやもん。)
お子様連れでも行きやすいように、
時間は早い目で設定しております。
行こうか、どうしようか、
迷っているあなた!
次のライブハウスでのライブは、
いつになるかわからんよー。
ライブハウスは、音が良いのよ〜。
お待ちしてまーす。
Img_1904

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるやバンドがやってくる!〜ダ・マエダ編〜

Img_1688

ひょんなことから、
はるやバンドが、
ライブすることになりました。
ダ・マエダさんとは、
はるやが京都を出て古民家暮らしを始めた頃からの、
お知り合いです。
マエダさん、
その頃から、だんだんと、
イタリア料理メニューの他に、
ベジタリアンやビーガン料理、
マクロビスウィーツ、
ローフードなどを取り入れたり、
オーガニックの食材を増やしていったり・・・。
イタリア料理の枠にとらわれ無い、
その変化、進化ぶりには、
目を見張るものがあり、
それだけでも、すごいなーと感心していたのですが、
お店のかたわら、
ご自身の農園で、
本格的なお百姓仕事までやっておられたりして、
いや、もう、はるやは大尊敬しております。
この頃は、
新たな夢に向かって、
新天地も定まり、
着々と動き出しておられるという噂です。
Img_1656
・・・・と、
ここまで書いていたところで、
マエダさんの方からも、
はるやとマエダさんとの、
ご縁について、
熱く語ってくださっていたので、
そちらも紹介させていただきますよ。
え?
マエダさん、
そんなふうに、わたしのこと思ってくれてるのーーーー!?
ほんまかなあ?
ってかんじですけど。
(*^m^)
いや、
ほんまやったら、光栄です!
ありがとうマエダさん!
Img_1627
知らない人は、いつまでも知らないイタリアレストラン 
ダマエダというスタンスをとって、
今月で17年になります。 
17年というのはなにかしら区切りがあるかというと
そうでもない年月ですが・・
はるやさんたちとの出会って何年になるのかな・・ 
太郎君がバブーと言っていたころだから。
うちの奥さんにほぼ無理やり、
朽木の大きな川が流れているはるやさんのところへ連れていかれて
(間違いなく行きたくなかった)、
ゆみえさんのお料理をいただいて、
なにかしらスイッチが入ったというか、
なにかしらたかがはずれたというか・・
この感覚はなんなんだろう、、と 
魂が浮遊しました。
それまでの歩んできた
イタリアレストラン業界から離脱するきっかけが、
間違いなくあの瞬間にありました。
お金ヲ儲けて有名になってを目指すレストランシェフにありがちな人生軌道が、
間違いなく歪み萎えた瞬間でした。
それ以来、
僕の料理の師はゆみえさんに変わり、
菜食に変わり、
農業を始め、
小さいながらも自由を求める道を選んだのだと思います。
さらなる変化を求めて、
おそらくダマエダという屋号をもっての最後のイベントに、
大好きなはるやさんたちとさせて頂くことに、
深いご縁を感じ、
感謝の気持ちでいっぱいです。
今回は友情出演に、
いつもスパイス的な刺激を与えてくれはる杉山佳苗さんの珈琲と、
長年僕の無謀な変化に付き合ってくれている
オーガニックハウス・サルーテの安田尚美さんのスイーツが、
パーティーの彩を添えてくれます。
どんな音楽とトークになるのかな、楽しみですね!!
はるやさんたちの生き方からは、
なにかしらの勇気をもらえます。
「自分に合った生き方が見つからない」
「どうしたら幸せに生きれるんだろう」なんていう誰もがもつジレンマを、
家族という大切なコミュニティーの日常生活を通して、
気づき実践し、
そして発信しておられます。
みなさまのお越しをお待ちしております。
宜しくお願いいたします。
Img_1632
さて、
マエダさんでのライブの詳細はこちら
FBのイベントページより。
*****************************************************
Good-bye 2016 with Haruya Band at da maeda
*****************************************************
なんと、はるやバンドが、
昔馴染みのイタリア料理のお店ダ・マエダさんで
ライブ&トークショーいたします。
(ライブは、アコーステイック編成でいきます。)
いつものイベントなどでのライブでは演奏優先で、
おしゃべりする時間が限られてます。
(ライブの最中に、
バンマスのharuhfumiの話が長くなりそうになると、
他のメンバーに睨まれますから!)
しかし、今回は、
ライブ&トークということで、
家族や暮らし、子連れ旅などの思い出の話、
これからの夢なども
みなさんと一緒にたっぷりおしゃべりできると思います。
はるやバンドのオリジナル曲のイメージに合うような、
はるやのユミエが撮影した写真も、
展示できたらなあと思っています。
そして、
料理だけではなく、農や芸術、骨董、占いなど、
驚くほどいろいろな引き出しのある、
マエダさんとの対談タイムなんてのも、
やってみたら楽しいでしょう。
クリスマスも近いことだし、
はるやバンドクリスマスデイナーショーですね!
美味しい飲み物と、
持ち寄りの料理たち、
楽しい歌や語らいを共に楽しみましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時  12月6日 (火曜日)
         18:00〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チャージは、
出口にdonation boxを置いておきますので、
お帰りのときに、
楽しかった分だけ、
景気良く放り込んでください!
お金じゃなくてもオッケーですよ。
ありがとうございます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*一品持ち寄りでお願いします。
*ドリンクあります。(別料金です。)
*ダマエダが誇るパテイシエ安田尚美さんのスイーツと、
 かなえ珈琲もあります。(別料金です。)
*マエダさんのイタリアン料理はオーダーできません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
定員は18名くらいになります。
お席に限りがありますので、
予約制とします。
はるやバンドにメッセージお願いします。
はるやバンドfbイベントページ→
はるやバンド haruya120☆gmail.com (☆を@に変えてくださいね。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
では、
楽しみにお待ちしていまーす。
15068325_604782603016381_3723228915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

いろいろと実験中です。

Img_1572

山奥に住みながらも、
国籍、年齢、性別問わず、
いろいろな人が訪ねてきてくださる家になりました。
おかげさまで・・・・。
Img_1536
温泉無い、カフェ無い、コンビニ無い、名刹無い・・・、
観光地としては、
無い無い尽くし・・・・ですが、
<ただ、ここにあるもの>を、
みなさん、のびのびと、楽しんでくださってます。
Img_1656_1
ただ、ここにあるもの・・・・・・。
霧に包まれた朝、
森の美しいグラデーション、
風に揺れるススキ野原、
蝶たち、小鳥たち。
Img_1637
Img_1338
Img_1688
Img_1803
焚き火
Img_1787
シンプルなご飯やおやつ。
Img_1507
Img_1510
東屋に、
ハンモック。
Img_1660
Img_1674
犬との暮らし。
(これが、また、すごく喜んでもらえる。(*^m^))
Img_1541_1
Img_9061
Img_1431_1_2
Img_1521
タイの山岳民族の家みたいな、
無国籍な木造の母屋。
(これも、とても喜んでもらえる。)
Img_1444
川や森をさんぽ。
(犬や娘がガイドさんしてくれたりする。)
Img_1544
・・・・それから・・・・・。
挙げていったら、キリがないけど、
わたしたちが、
ここでふだん目にしている風景、
感じている季節のうつろいや美しさ、
日々の暮らし、ふだんのご飯。家族との語らい、
そんなことの、
ひとつ、ひとつに豊かさを感じてくださったり、
面白く感じてくださったり、
新鮮に感じてくださったり・・・、
味わい、楽しんでくださっています。
ありがたいなあ。
Img_1526
それで、
わたしはね、
いろいろと実験中。
わたしたちが日々受け取ってるこの豊かさを、
巡らせていきたい。
わたしたちとは違った豊かさに恵まれている人たちと、
豊かさと、
豊かさの、
かえっこできないやろか?
お金を介さずに、
わたしに無い豊かさを受け取ることができないやろか。
Img_1513_1
少しずつ、試していってます。
例えば・・・・。
「はるやにお泊まりご飯付きで招待するし、
誰か、わたしのヘアカットしてくれるような、
もの好きな美容師さん、
いいひんやろか?」
FBで呼びかけてみました。
Img_1452
いはった。
いはった。
(言うてみるもんや)
めちゃくちゃ素敵な美容師さんが名乗り出てくださいました。
ほれ、
この通り!
14801055_1667171940259517_181348943
どうや?
今までと違うやろ?
(*^m^)
カットやおしゃべりだけではなくって、
音楽、インテリア、照明・・・・、
すべてに癒されました。
わたしのこと、
大切に、大切に、してもらえてるような時間でした。
とても、とても豊かな・・・・至福の時間でした。
なっちゃんありがとう。
次は、
はるやの豊かさ受け取りに来てね。
Img_1636
ある日、
はるやに
パンがいっぱい届きました。
知る人ぞ知る、
知ってる人なら、よだれもの?
今や、ちゃみパンよりあげまん道で有名にならはった、
もとご近所ちゃみさんのパン。
お連れ合いのTちゃんが、
わざわざ届けにきてくれました。
やったー!
ありがとう!
Img_1425
ちゃみさんの息子さんたちが、
はるやにお泊まりしに来たときに、
「今回、人数多いし、
パンか何か、カンパしてくれたら、うれしいわー!」
と、
メールしたら、
「そのつもりにしてたよー!」
と、お返事。
そうか。
やったー。ヽ(´▽`)/
(言うてみるもんやな。)
朝の光浴びながら、
ゆっくりいただきました。
ああ、至福の時間。
ちゃみさん&息子たち、
またゆっくりしに来てや〜。
前回来てくれはったときに、
はるやの豊かさめいいっぱい受け取ってくれました。→
Img_1434
ある日、
地元のイベントでライブにお招きしていただきました。
自然いっぱいの、
ふだんの暮らしの中から生まれた歌を、
家族で演奏しました。
ある意味、これも、
はるやのもつ「豊かさ」と言えましょう。(*^m^)
謝礼少々いただきました。
(≧∇≦)
Img_9010
さっそく、
その謝礼使って、
会場近くの、
素敵なカフェで、一休み。
謝礼の分は、
すっからかんや。
(^-^;
Img_9048
でも、ええねん。ええねん。
ライブで疲れて家へ直行するより、
こうやって、
みんなでニコニコ、
滅多に行かない「カフェ」で、
リッチな気分で、
のんびりと食べたり飲んだり。
お店の人たちもニコニコや。
ああ、
至福の時間。
Img_1419
そんなふうにして、
わたしたちの豊かさを、
めぐらせていく実験中です。
Img_1779
先日も、
大勢で古い友人たちとそのご家族が、
お泊まりで、
やって来てくれました。
ゲストハウス、自由に使ってくれたらええし、
「あれ持ってきてー」
「これ持ってきてー」
「あれ買うてきてー」
「これ買うてきてー」
遠慮せんと、
いろいろリクエストしましたよ。
Img_1781
そしたらね、
菜食素食のはるやではありえないほどの、
こんな豪華な鍋パーテイーになりました!
(≧m≦)
Img_1788
買って来てもらったパンと、
はるさんが焙煎したコーヒーで、
みんなでモーニング。
Img_1796
朝の光がいっぱいに降り注ぐ、
はるやの庭で記念写真。
最高のお天気に恵まれた、
みんなの豊かな心の持ち寄りの、
アラフォー合宿でした。
ありがとうねー!
Img_9069
こんなかんじで、
うちの豊かさと、
誰かさんの豊かさを、
かえっこしながら、
暮らしていけたら良いなあと思います。
まあ、お金を介さないのが理想と言いながらも、
お金も欲しいのが現実。
そこで考えたのが、これでした。
お食事やお泊まりに来られるお客さん様に、
カンパ箱も置いてます。
楽しんでくださった分、
美味しかった分、
満たされた分、
入れてってくださいと、
お客さんには伝えています。
お客さんの中には、
お金がありあまるほどの方や(はるやのつながりには居ないか。(*^m^))、
お金の方が余計なこと考えなくて
気楽でいいや、
簡単でいいや・・・・
と思う方もおられるでしょう。
そんな方たちに・・・。
そして、
実は、
毎回、
箱を開けるのはドキドキしてます。
(そりゃ、たくさん入ってる方がうれしかったりするし。)
箱を開けたときの、
自分の反応も、
これまた面白かったりする。(*^m^)
Img_1814
とにかくあれこれ実験中のわたくしです。
そんな、豊かさの持ち寄り、
あるいは、
豊かさのかえっこの、
トーク&ライブも、12月に予定しています。
またお知らせしまーす。
初めてのアジアからのお客さんと。↓
Img_9059

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

はるやバンドがやって来る!

Img_1442_1

さて、
さて、
またまた
はるやバンドが、
やって来るゾウーーーー!!!
Img_6842
どこへ!?
Img_6845
やったー!!(≧∇≦)
Img_6845_1
11月23日(水・祝)
OPEN 16:00 / START 17:00
adv.1500 yen
door.1800 yen
はるやバンドは、
17時50分スタート予定!!やで。
Img_2189
なんと、この日、
2つのイカしたバンドが、
対バンで、やってくれます!
どちらも、
はるやの友達バンド。
その1
バグマイズ!
今夏、衝撃的な山水人デビューを飾りました!
Img_9564
はるやとは遊び友達でーす。
同じファミリーバンドでも、
こちらは女子力強し!
すごいでー。
期待を裏切りませんよ。
↓はるやバンド、バグマイズ、まっちゃんファミリーの合同合宿(去年の夏)
Img_9329
その2
ジ・オリンピクス!
20160821_1746152
ボーカル&三味線の清水彩月ちゃんと
はるやは、
20年来の旧知の仲。
昨夏、
はるや初イベントにも、
飛び入り出演してくれました。
みんな覚えてる?
めっちゃ楽しかったね。
歌の道、芸の道にかけては大ベテラン、
超一流の、
清水彩月ちゃんのバンドが、
なんと、はるやバンドの対バンでやってくれるのです。
ありがたきしあわせ!!!!
Img_8975
Img_9006
そんな3バンドが、
同じ夜に、
順番にそれぞれのおもしろワールドを音楽で表現しまーす!
こんな流れでやりますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
16時オープン、
17時バグマイズ
17時50分はるやバンド
18時40分ジオリンピクス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回の様子。
大入り満員でした!
Img_5203
今回は、
久しぶりにドラムも加わって、
バリバリのロックやで。
はるやバンドのドラムの人、
高校軽音で、さぞかし腕を磨いたことでしょう!(たぶん)
(本番までに、一回帰ってきてや〜。)
Img_9430
さらに、
今夏の精華大夏祭りで共演をしてくれはった、
フィドラーのBOSC0さんが、
はるやバンドのスペシャルゲストで登場予定。
(BOSCOさん、憶えてくれてはるかなあ?(*^m^)
いつも、奇抜なファッションで楽しませてくれはるBoscoさん、
たまに、太郎はんのバイオリンの先生もしてくれはります。
そして、実は気の治療師さんでもあり、
わたしも妊娠するたびにお世話になっとります。
こりゃ、また贅沢やなー。
Img_8400
さらに、(まだあるんです!)
奇遇なことに、
11月23日というこの日は、
今からかれこれ20年前、
京都@松ヶ崎にはるやというお店が生まれた日なのでした!
うわーーーー!
すごい記念日やー。
はるや20周年記念ライブや。
↓この写真は長男がお腹にいたときみたいだから、
17年くらい前かな?
Img_20161108_0002
さらに!
(まだありますよ!)
なんと奇遇なことに、
清水彩月ちゃんも、
Boscoさんも、
この、はるやオープンの日、
できたてほやほや、ひよっこのはるやに、
来てくれていたのです。
彩月ちゃんはお手伝いに、
Boscoさんは、ご飯食べに。
いや〜、
あのときは、わたしたち夫婦、
ドタバタで、
サービスも料理も未熟で、
思い出すのもお恥ずかしいです。
そんなお恥ずかしい時代のはるやから、
見守ってくれてはったお二人が、
たまたま、この記念日に居合わせるというのが、
すごいですねー!
というか、
当時、彩月ちゃんも音楽の道一筋で生きるとは思ってなかった?
かも知れないし、
はるやも、子どもが4人もやってきた上に、
家族でバンドまでやるとは夢にも思わんかったよね〜。
神様の采配を感じます。なんちゃって。
あれから20年もたったのですね。
ありがとう!
なんだか、
始まる前から、
この日は、
はるや一家にとって特別な日になりそうですよ!
Img_1414
みなさん、
ライブ予約はお早めにね!
予約はこちら→ネガポジ 075−555−5205 
では、
インドで・・・・じゃなくて、
ネガポジでお会いしましょう!
Img_6856
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

山の中で生きてる〜♪ ザ・バグマイズと一緒に。

Img_0437_1

山の中で、 
ごはんを食べてる。
Img_7720
山の中で
パソコン持ち込み
(youtubeで「吉本」観てる。)
Img_0001
山をおりて買い物行くけど・・・・
Img_7219
山の中で生きてる
Img_8941
Img_7806
Img_7789
Img_7573
Img_8726
Img_8760
山の力は 
ほーいほい
とても強いよ 
ほーいほい
川が流れて 
ほーいほい
水は豊かさ 
ほーいほい
けものもいるよ
Img_9264
Img_0031
Img_0027
Img_8018
山の中でご飯を食べてる
山の中にパソコンもちこみ
山をおりて 買い物するけど
山の中で生きてる
Img_7742
とても静かな 
ほーいほい
朝をむかえて 
ほーいほい
Img_0498
Img_0505_1
夜遅くまで 歌をうたうよ 
ほーいほい
Img_8698
Img_8059
ドラムたたこう
誰にも文句は言われません。
(はるやの場合夜にドラムは叩きません。(*^m^))
ピアノを弾こう
誰にも文句は言われません。
Img_0447
山の中でご飯を食べてる
山の中で音楽している
山の中で夢を描いてる
山の中で生きてる。
山の中。
山の中。
山の中。
山の中。
同じ、
「山で生きている」
「山で音楽している」
「山で夢を描いている」
山友(やまとも)、
ザ・バグマイズと、
一緒にライブすることになりましたー!
4月にやらせてもらった、
あのネガポジさんで!
わおー!
Img_5192
11月23日 京都ネガポジ
ジ・オリンピクス/はるやバンド/バグマイズ
OPEN 16:00 / START 17:00
adv.1500 yen
door.1800 yen
前売り予約はネガポジさんへ075−555−5205
Img_2554
なんと、
この日は、
はるやの友達バンド超おもしろ3本立て!
ザ・バグマイズともう一つは、
はるやの昔馴染み、清水彩月ちゃん率いる、
ベテラン揃いの「ジ・オリンピクス」!
すごい組み合わせとなりました!
盛り上がること、
間違いなし!
わたしは、
お客さんが大入りになり過ぎて、
みんな座れへんようなったらどうしよう?
と、
そんな心配してるくらい。(*^m^)
みんな来てやー!
めっちゃ楽しい夜になるよーーー!
Img_2586

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

はるやの夏休み2016<ようこそはるやリゾートへ>

Img_9865

光のかんじ、
影の伸びるかんじが、
急に変わりました。
Img_9864
秋ですね。
Img_9899
Img_9902
Img_9911
夏休みも終わりです。
今年も、
けっきょく、家族でキャンプとか、海で泳いだりとか、
花火大会とか、バーベキューとか、温泉とか・・・・、
ええっと・・・、
家族でレジャー・・・・なんてこと、
全くしなかった・・・・・な。
Img_9920
だけど、
ここにいて、
毎日毎日、
朝から寝るまでの間に、
自然と出てくる言葉。
「気持ちいいな〜」
「きれいだな〜」
親子して何度言ったことだろう。
毎日毎日、
気持ち良かったな〜。
きれいだったなあ〜。
Img_9922
そして、
ここに居ながらにして、
たくさんの素敵な出会いと、
おもしろいハプニングに恵まれて、
今年もやっぱり、
最高の夏休みでした。
(↓冬が待ちきれずそり滑り?)
Img_9928_1
Img_9932_1
心地よい風に吹かれて、
川で沐浴して、
青空シャワーでさっぱりして、
東屋でご飯食べて、
ベランダでお茶飲んで、
ハンモックでお昼寝して、
お花を愛でて、
好きな楽器を奏でて、
たまに家族でバンドして・・・・。
わたしにとって、
毎日ここで暮らすことが、
そのままリゾートでした。
(ほかの人はどうか知りませんけど。)
Img_9674_1
Img_9297
Img_9642
Img_9182
Img_8981
Img_8587
Img_9057
Img_9640
Img_9690_1
そして、
さまざまなお客さんが、
ここ、はるやリゾートを訪れてくれました。
Img_9668
ほんと、さまざまでした。
(*^m^)
オーストラリア、アメリカ、ニュージーランド、フランス、ギリシャなどなど、
はるばると、海外から。
真夜中に白塗りのお客さんたち(舞踏の人たちでした)Σ( ̄ロ ̄lll)、
楽しい音楽家のみなさん、
賑やかな親子連れ、
気ままに一人旅の人、
テイーンエイジャーの少年少女たちもたくさん来たなー。
バイクで来てくれた16歳の女の子もいたなー。
それから、
犬やら、馬やら・・・・。
なんちゅう、お宿やねん。
Img_9727
Img_8122
Img_9651
Img_9653
Img_9624
Img_8131
ゲストハウスのベッドでぬくぬくと寝る人、
寝袋で寝る人、
ベランダで寝る人、∑(゚∇゚|||)
軒下で寝る人、Σ(゚д゚;)←うまこさんとその弟子
「3匹の熊」のお話みたいに、
留守中の息子のベッドでいつの間にか寝ている女の子。(lll゚Д゚)
なんちゅうお宿やねん。
Img_9890
おいしいお茶。
おいしいコーヒー。
おいしいごはん。
おいしい水。
楽しい音楽。
気持ちの良い川。
訪れてくれたみんなと、
共にする喜びよ。
Img_9644_2
Img_9630
Img_9871
Img_9147_2
Img_9206
Img_9124
ああ、
ほんとに楽しかったね。
おかげさまで?
いろいろな人やら動物やら集まってくる、
おもしろいお宿になっています。
ようこそ、
はるやリゾートへ。
(*^m^)
みんな来てくれてありがとう!
Img_9883

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

山水人ではるやバンド&次世代トークありがとうございました

Img_9268

山水人村で、
歌ったり、踊ったり、
ライブしたり、
イケてるバンドに、
黄色い声で声援を送ったり、
ステージでしゃべったり、
出会いを楽しんだり、
まあ、
いろいろとありまして、
今日は、家でひとやすみ。
(うちの少年たちは、まだあっちに行ってますけど。)
Img_9654
・・・・・でもなかった。
収穫やら、
はるや稼業やら、
洗濯やら、
家のことに専念しておりました。
Img_9656
Img_9692
Img_9691
さて、
ひとまず、みなさんにお礼を。
早い時間の出番だったので、
一体、どれだけの人たちが、
わざわざはるやバンドに間に合うように来てくれるんだろう?
少々心配もしていたんですけど、
たくさんの人たちが、
子どもたちも一緒に、
頑張って、こんな山奥まで駆けつけてくれました。
きっと早起きして、おにぎり作って・・・。
ドタバタの出発やったと思います。
ほんとうにありがとうね。(。>0<。)
みんなの笑顔が、
ステージからいっぱい観えたから、
思い切りやらせてもらえました。
Img_9437
Img_9346
Img_9390
Img_9426
Img_9365
Img_9368
Img_9446
Img_9472
リリイちゃんも、
シャウトしてました。
(以上、fukiちゃん撮影ありがとうね。)
Img_9481
そして、
遠方からも、
たくさんの方が来てくださいました。
ありがとうございました!!
おかげさまで、
すばらしい、
ほんとうにすばらしい集いとなりました。
なんて、一言で済ませてしまうのは、
不本意なんですけど・・・。
他にどう言い表せば良いものやら。
時間がたって落ち着いてから、
ゆっくりとまとめることができるかなあ・・・・。(無理やな)
以下、写真はtaroが撮ったものです。
Img_8184
言葉をひとつひとつ、
慎重に選びながらトークする人たち、
一生懸命耳を傾ける人たち、
そこらで無邪気に遊ぶ子どもたち、
すごいタイミングで、
オランダからの飛び入りのお母さんと娘さん、
子どもたちの未来に心を寄せるお父さんんお母さんたちの思い、
とりまく自然、風、光、
ただよう、ゆるやかな空気、
すべてが響き合って・・・・。
こんな奇跡みたいな集い、
山水人だからこそ実現できたんだと思います。
Img_8203
Img_8195
Img_8211
パネラーの人たち、
山水人初めての人も、久しぶりの人もおりましたが、
「なにしゃべったらええんか、
ようわからんけど、
ユミエさんに頼まれたしな〜
断れへんしな〜」
と、思わはったかどうか、
わかりませんけど、
はるばるやって来てくれました。
ありがとうね。
本番前にみんな初顔合わせ。
ミーテイング↓
Img_9519
やっぱり、
今年も一番感動的だったのは、
未来を生きる人たちの言葉たち。
なんども、ドキッとしたり、感激したり、うなずいたり、ほろっとしたり、
ひとつひとつの言葉に、
魂がこもっていて、
力強くて、
その人らしくて、
光も闇もどっちも抱えてるところも、
さらけ出してくれて、
だからこそ、
輝いていました。
もう、すでに、
わたしたち大人の手の届くようなところにはいない。
未来に生きているというのを、
実感しました。
ほんとうに素晴らしかったです。
尊敬します。
大人たちは、
ここで、たくさんの、メッセージ、
みんなから受け取りました。
たいせつなこと、気づかせてもらいました。
心から、ありがとうございます。
Img_8199
Img_8204
Img_8207
Img_8215
とにかく、
みなさんに感謝の気持ちを伝えたかったのと、
(ほんとうは、おひとり、おひとりに直接伝えたいのですが)
すばらしい集いだったということを、
このブログを読んでくださっている方たちに、
報告したかったので・・・・。
ほんとうにありがとう!
Img_9528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

8月20日は山水人へ。オープニングははるやバンド!

Img_8162

やっと雨が降りました。
Img_9240
草木も土も、
何もかも、カラカラに乾ききって、
辛そうに見えていたのですが、
恵みの雨のおかげで、
潤っていることでしょう。
Img_8173_1
ほっとしています。
ああ、良かった。
良かったねえ。
心の中で草木たちに声をかけながら、
庭をひとめぐりしました。
Img_9234
はるやバンドの
ドラムの人が帰ってきました。
ドラムも一緒ですよ。
「わたしの方が可愛いのに!」と、
言うてるのかどうかわかりませんが、
犬がヤキモチ妬いてます。
Img_9246
ドラムの人に、
さっそく新曲を聴いてもらいました。
Img_9226
今日は、全員そろって初セッション。
Img_9248
テクニック的に、
だんだんと、
バンマスの要求が増えてきましたが、
みなさん、
しっかりとそれに応えています。
すごいなー。
ちょっと練習しただけで、
よくできるようになるなー。
すぐ憶えられるんやなー。
(わたしは、できんけど。)
恐るべし、子どもの飲み込み力!
Img_9249
まだ、みんなが幼かった頃、
「セッションやるでー」
「えーーー!?やるの〜〜?┐( ̄ヘ ̄)┌ 」
ってかんじで、
やる気なさそうなときが多かったです。
親に付き合ってやってるというか、
仕方なくやってるというか、
やらされてるってかんじのとこ、
ありました。
でもね、それがね、
だんだん変わってきたんですよ。
セッションの時間が、
当たり前になってきました。
Img_9252
ご飯食べたり、
テイータイムしたり、
映画観たり、
薪割りしたり、
川で水浴びしたり・・・。
そんなこと。
音楽が、
そんな、暮らしの中の、
「当たり前」のひとつになっています。
13995564_1801429903434856_741789908
子どもたち、みんな大きくなって、
それぞれ自分だけのお楽しみの世界も持っていますが、
このセッションのときは、
自分の音だけじゃなくて、
真剣にお互いの音に耳を澄まして、
調和を大事できるようになったと思います。
言葉・・・ではないけれども、
親子や兄弟の立場を超えた、
心の通い合いがあるように思います。
ときどき、
そんなことを目の当たりにして、
密かに感動してたりします。
Img_9167
あるときから、
はるさんの中から、
次々と歌が生まれるようになりました。
はるや一家の懐かしい思い出や、
日々の暮らしのこと、
大切にしていることなどを、
わたしが、
こうやって、ブログに書いて表現して楽しむように、
はるさんは、
音楽で表現すようになったのです。
Img_8994
そうやってできた、
オリジナル曲をバンドで演奏するようになって、
みんなの意識が変わったなあと思います。
みんな、
はるさんの創った歌が大好きで、
大事に思っていて、
だから、
もっと良いものにしよう、
もっとカッコよくしようと、
バンドに対してのモチベーションが上がってくるのかな。
Img_8024
というわけで、
はるやバンド、すごく良いかんじです。
いつまで、
こうやって家族そろってバンドができるかわからないけれど、
大きい人も、小さい人も、
みんなそれぞれの音を出し合い、
お互いの音に耳を澄まし、
音を重ねていって、
ひとつの調和のとれた音楽になったとき、
とてもワクワクします。
快感です。
家族バンドの醍醐味やなあと思います。
「気がついたら、
家族でバンドやってました」ってかんじ、
始まりは「なんちゃって」のはるやバンドですが、
やっててほんとうに良かったなあと思います。
Img_8049
さあ、
山水人のライブまであと少し!
はるやバンドは、
8月20日 12時からオープニングをかざります。
(この日は、入場料無料ですよ。)
このブログが好きな方、
はるや一家に興味がある方、
わたくし、ユミエの子育てのお話会とか、もういいし、
はるやバンドのライブ見にきてくれたら、
我が家の子育て、生き方、旅の話、大切にしていること、
いっぺんに、すべてわかるし!
(*^m^)
観にきてねー!
うわー!
ジャングルになってるー!Σ( ̄ロ ̄lll)
Img_8170

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

はるやの夏休み2016<はるやバンド編>

Img_9079

はるやの夏休み2016、
はるやバンド編です。
というか、
夏休みの、
「はるやの音楽のある風景」ってとこかな。
Img_8697
高校の軽音同好会で、
めちゃくちゃエンジョイしている長男坊です。
お山に帰ってくるときは、
ドラムも一緒です。
音を小さくするために、
はるさん実家になぜかあった、
「おしめ」で包まれている、
なんだか、
可哀想なドラムさんです。
(もっとオシャレな布無いんかいな〜?)
そして、
帰ってきたら、さっそくこれ。
次男坊のバッハvs長男ロック。
隣り合わせで、
全然別のもん練習してます。
(わざわざ同時にやらんでも、
時間ずらしたらええのに〜。)
Img_8451
お、
次は、2人でセッションしています。
こんなことができるようになったんやな〜。
かっこいいなー。
Img_8458
そして、
メンバー全員揃ったら、
「さあ、やるか!」
セッションタイムです。
オトノワ平和音楽祭やら、
山水人やらに向けて。
みんなでご飯を食べる、
映画を見る、
川で水浴びする、
寝る・・・。
そんなのと同じくらい、
暮らしの中に、あるのです、
みんなでバンドの時間。
Img_8461
さて、
はるやと同じく、
山岳民族仲間のお友達のおうちに、
素敵な木工の工房が建ちました。
ある夏の午後、
そのお祝いの宴が開かれました。
電子ピアノを運び入れてもらって、
次男坊が、バッハを弾きました。
Img_8877
こうやって、
よそに行って、
人前で弾くのは初めて。
さすがやなー、
パチパチパチパチ〜。
Img_8897
ピアノと言えば、
珍しく、
この頃末娘が触っています。
Img_8613
ちょっと、
エリック・サテイ風。
グランドピアノを、
ふと気まぐれで触って遊べるなんて、
本物の音を聴いて遊べるなんて、
なんとも贅沢なおもちゃです。
Img_8614
ピアノ大好きな女の子が弾いてくれたり、
Img_8664
近所の中学生が弾きに来たり、
Img_8694
この子は、
生まれて初めて弾いたのかも・・・。
いろいろな人が、
うちに来て、
弾いてくれるのが、うれしい。
Img_9027
次男坊が弾いてるときに、
右手で参加。
息子と一緒にピアノで遊べるなんて!
わたしにとって至福のときですわ〜。
Img_7474
大好きな、
ピアノのある風景。
ピアノの音のする暮らし。
うれしいなあ。
しあわせだなあ。
Img_8949
あれれ?
これは、
バイオリンのある風景?
Img_8944
うふふ。
そうなんです。
はるやにバイオリンもやってきました。
(うちはロックバンドのはずなんやけどなー。)
次男坊、
やってみたいんやって〜。
パッフェルベルの「カノン」とか弾いてみたいんやって〜。
Img_8706
「どないするんかいな〜?」と、
2人で音を出してみてます。
野良仕事の合間にバイオリン。
Img_8750
体育系バイオリン弾き?
山暮らしのバイオリン弾き?
えらいカジュアルなかんじですな。
Img_8752
お山を降りて、
京の都の、
フィドラーのBosco先生に指南を受けに行きました。
Img_8934
Bosco先生、ありがとうございます。
Img_8938
さあ、
もひとつ新入りの楽器がありますよ。
立派なアコーデイオン。
ボタンがいっぱい。(80個もある)
なんじゃこりゃ?
ちんぷんかんぷんです。
わたしの父の形見です。
まだ父は生きてますけど。
死んでしまったら、
もう一台うちにやって来る予定。(*^m^)
(わたし、2つもアコーデイオン要らないので、
お父さん、長生きしてちょうだいね♡)
昔、無理やり持って帰らされていたのですが、
しまいこんでいました。
Img_8778
次男坊のバイオリンへのチャレンジ精神に触発されて、
わたしも、
いっちょう、やってみよかなという気持ちになりました。
右手だけでも、とりあえず。
地域の夏祭りで弾いてみましょう。
Unnamed_1
なんか、
ピアノやらバイオリンやらで、
ロックバンドから遠のいていきそうですけど・・・。
今夏のライブ第一弾は、
奥琵琶湖のほとり、
お年寄りの方たちが暮らす小さなホームでした。
Img_8921
Img_7929
リクエストがあったので、
オリジナル曲のほか、
「ふるさと」
「富士山」
「青い山脈」を演奏しました。
hikariが大きな澄んだ声で、
歌ってくれました。
演奏が始まると、
目が覚めたように、生き生きとされ、
大きな口を開けて、
一緒に歌ってくださる方もおられました。
子どもたちと、
このようなホームを訪ねることができて、
尊い経験になりました。
家族でバンドをしていたからこそですね。
お招きしてくださって、
ありがとうございました。
Img_7932
そして、
待ちに待った、
オトノワ平和音楽祭。
いつもの知ってる人ばっかりやし、
気楽にやったらええで〜。
はるさんは、
そんなふうに言うてましたが・・・。
Img_8033
オトノワ楽団のリハーサル聴いててびっくり。
めっちゃうまいー!
かっこええー!
レベル高いー!
なんか、緊張してくるやん〜。(わたしだけ?)
Img_8995_1
昔は、
ライブの直前まで子どもたちは遊び呆けていて行方不明。
マイクで呼び出ししなあかんくらいやったのに・・・。
今じゃ、
自然と集まり、
真剣な顔で、
打ち合わせみたいなんやってますよ。
Img_8996
バンド活動を通して、
子どもらの成長ぶりが、垣間見られますな。
Img_8994
本番は、
楽しく盛り上がりました。
(わたしは、いっぱい間違えてしまいましたけど。)
Img_8024
Img_8023
Img_8051
Img_8052
Img_8053
翌日の夏祭りの歌謡ショーも
無事に終わり、
あと一週間。
ひゃー。\(;゚∇゚)/
みんなでセッションできるの、
ほんの数回しかないのに、
初めての曲、やるそうです。
(はるさんから、
新しい曲がどんどん生まれているのです。)
次男坊はベースの特訓受けていました。
こんなしっかり練習するの、初めて。
ただの元気で明るい子連れバンドから、
次のステージへと脱皮しようと言うような意気込みが
はるさんから見られますよ。
その思いに応えるかのように、
はるさんのリードについていく次男坊です。
さすが!
飲み込み早いなー!
Img_9167
わたしも、
足を引っ張らんように、
がんばりま〜す!
(地元の夏祭りにて。)
Unnamed

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧