はるやゲストハウス

2016年10月27日 (木)

この頃のはるやの食卓から

Img_1265

日めくりで、
写真を次々と入れ替えているみたいに、
ぐるりと取り巻く景色の色が
毎朝変わっていっています。
Img_1043
深まる秋。
Img_1262
なんと、
いまだ、ちょこちょこと、夏の野菜が採れます。
Img_1204
毎朝、
「ハスクトマト食べよー!」
「はーい!」
娘と2人で畑でほおばっていますよ。
Img_1111
ホーリーバジル(聖なるバジル)とも
呼ばれているらしい、
トルシーの花穂を摘んでいます。
ものすごい濃厚な香り!
Img_1109
濃いめに淹れたダージリン茶に、
豆乳と生姜を少々、
それからトルシーの花穂をひとつ入れたのが、
今のわたしには、
とても美味しい!
うっとりするような香り、味。
はるやの水曜日の朝は、
一乗寺のAOWさんのパンと決まっています。
みんなが学校やらお勤めやらに出かけた後、
そして、朝寝坊の娘が起きる前、
その、静かなひとときに、
朝陽の当たるあずまやで、
トルシー茶とAOWさんのパン。
最高やで〜。
Img_1107
家族の誕生日が続きました。
Img_0731
長男坊は京都で暮らしているから、
だいぶん遅れて帰省したついでに、
ささやかにお祝い。
Img_0734
実は本人いなくても、
誕生日当日に、
残り5人で勝手にお祝いしてたけどね。
(お祝い好きな家族やから)
(本人がいなくなっても、
こうやって、残りの家族で、
その子のことに思いを寄せて、
ご馳走作ってお祝いするってのも、
なかなか良かったです。)
Img_0735
お客さんも続きました。
Img_0739_1
なんやかんや、
山盛り作って、
みんなで賑やかに食べるのも良いですが・・・、
Img_0757_1
Img_0862
Img_0868
Img_0967_1
Img_0756
Img_0761
Img_0960
少人数になったときに、
レストランごっこみたいにして食べる小さな食卓も、
良いものです。
お花飾ったりして。
3人でレストランごっこ。↓
Img_0842
Img_0844
こちらは、
3人でカフェごっこ。
Img_1253_1
Img_1289_1
2人ぼっちだと、
ままごと気分です。
こんなんするの、
この頃のわたしの楽しみ♪
Img_1225
Img_1230
優雅にこんなことして遊べるのも、
おわんやら茶碗やら手当たり次第にひっくり返したり、
手でくちゃくちゃにして食べたり、
途中でおっぱいあげたりしなあかんような、
怪獣・・・・・・じゃなかった、
赤ん坊が、
うちに居なくなったからやね!
(みなさん落ち着いて
お席に座って食べられる子ばかりになしましたから!(*^m^)
Img_1287_1
おうちに、
小さな怪獣・・・・、
じゃなかった、赤ん坊さまがおられるみなさん、
もう1年、2年したら、
みなさんもこのように、
遊び心で食卓を楽しめるようになりますよ〜。
(次々と怪獣が生まれてくるおうちは、
もっと先になるでしょうけど。(*^m^)
レストランやカフェに行けなくても、
お家やお庭で、
「ごっこ」で楽しめますから〜。
ま、こういうのが好きな人は・・・・・の話ですけどね。
(我が家へ、次々とやってきた、
4匹の怪獣と、
てんやわんやだった食卓があったからこそ、
今の、
ゆったりと余裕のある食卓が、
しみじみ楽しめるのかも知れませんね。
いまだときどき、怪獣だった頃の片鱗を示してくれる人もおりますが)
Img_0701
ある日のお客さんのモーニングセット。
これもままごとみたいなもんや。(*^m^)↓
Img_0790

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

はるやの夏休み2016<ようこそはるやリゾートへ>

Img_9865

光のかんじ、
影の伸びるかんじが、
急に変わりました。
Img_9864
秋ですね。
Img_9899
Img_9902
Img_9911
夏休みも終わりです。
今年も、
けっきょく、家族でキャンプとか、海で泳いだりとか、
花火大会とか、バーベキューとか、温泉とか・・・・、
ええっと・・・、
家族でレジャー・・・・なんてこと、
全くしなかった・・・・・な。
Img_9920
だけど、
ここにいて、
毎日毎日、
朝から寝るまでの間に、
自然と出てくる言葉。
「気持ちいいな〜」
「きれいだな〜」
親子して何度言ったことだろう。
毎日毎日、
気持ち良かったな〜。
きれいだったなあ〜。
Img_9922
そして、
ここに居ながらにして、
たくさんの素敵な出会いと、
おもしろいハプニングに恵まれて、
今年もやっぱり、
最高の夏休みでした。
(↓冬が待ちきれずそり滑り?)
Img_9928_1
Img_9932_1
心地よい風に吹かれて、
川で沐浴して、
青空シャワーでさっぱりして、
東屋でご飯食べて、
ベランダでお茶飲んで、
ハンモックでお昼寝して、
お花を愛でて、
好きな楽器を奏でて、
たまに家族でバンドして・・・・。
わたしにとって、
毎日ここで暮らすことが、
そのままリゾートでした。
(ほかの人はどうか知りませんけど。)
Img_9674_1
Img_9297
Img_9642
Img_9182
Img_8981
Img_8587
Img_9057
Img_9640
Img_9690_1
そして、
さまざまなお客さんが、
ここ、はるやリゾートを訪れてくれました。
Img_9668
ほんと、さまざまでした。
(*^m^)
オーストラリア、アメリカ、ニュージーランド、フランス、ギリシャなどなど、
はるばると、海外から。
真夜中に白塗りのお客さんたち(舞踏の人たちでした)Σ( ̄ロ ̄lll)、
楽しい音楽家のみなさん、
賑やかな親子連れ、
気ままに一人旅の人、
テイーンエイジャーの少年少女たちもたくさん来たなー。
バイクで来てくれた16歳の女の子もいたなー。
それから、
犬やら、馬やら・・・・。
なんちゅう、お宿やねん。
Img_9727
Img_8122
Img_9651
Img_9653
Img_9624
Img_8131
ゲストハウスのベッドでぬくぬくと寝る人、
寝袋で寝る人、
ベランダで寝る人、∑(゚∇゚|||)
軒下で寝る人、Σ(゚д゚;)←うまこさんとその弟子
「3匹の熊」のお話みたいに、
留守中の息子のベッドでいつの間にか寝ている女の子。(lll゚Д゚)
なんちゅうお宿やねん。
Img_9890
おいしいお茶。
おいしいコーヒー。
おいしいごはん。
おいしい水。
楽しい音楽。
気持ちの良い川。
訪れてくれたみんなと、
共にする喜びよ。
Img_9644_2
Img_9630
Img_9871
Img_9147_2
Img_9206
Img_9124
ああ、
ほんとに楽しかったね。
おかげさまで?
いろいろな人やら動物やら集まってくる、
おもしろいお宿になっています。
ようこそ、
はるやリゾートへ。
(*^m^)
みんな来てくれてありがとう!
Img_9883

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

はるやの夏休み2016<食べ物編>

Img_8654
日本のお母さんたち(たまに、お父さんたちも)は、
一生に、
いったいぜんたい、
幾つのおむすびを握るんでしょうね。
わたしみたいに、
コンビニのおむすび買う気せーへん、
外食もお店を選ぶわ〜っと言うような、
偏屈なお母ちゃんたちにとって、
子どもとの暮らす日々は、
おむすびを握る日々と言ってもいいほどだなと思います。
そんなことを思いながら、
今日も、
はるやの楽園を訪れてくれた、
もとお山暮らし仲間の友人と、
彼女のかわいい5人の息子さんたちのために、
心をこめてたくさん握りましたよ。
日本が誇れるものの一つ。
それはおむすび!
おかず、無くていい。
汁物、無くていい。
温かくなくてもいい。
ご飯と塩、だけでもおいしい。
お皿、お箸、無くていい。
山で海で、川で、
電車の中で、車の中で、
公園で、街角で、
いつでも、どこでも、食べられる。
これさえあれば、文句無し・・・やろ?(*^m^)
みんないっぱい食べてくれたなー。
うれしいな!
Img_9024
さて、
夏休みはお客さんも多く、
わたしは、
民宿のおばさん状態になります。
ま、
お客さんがいてもいなくても、
お腹がすぐにへる人たちが、
わたし以外に5人いるので、
せっせと作る日々ですよ。
業務サイズの鍋で炊くピラフ、
こね鉢いっぱいのパスタ、
でかいボールいっぱいのサラダ。
取り皿は、
インドのターリー(お盆サイズ( ̄◆ ̄;))
がっつり!
大皿料理といいますが、
大皿では間に合わないのです。
バケツ料理ってとこかなあ・・・。
品が無いなー。
ああ、恥ずかし。
Img_8519
ナス、トマト、ズッキーニ、キュウリ。
夏野菜が採れ始めて、
献立が様変わりしました。
夏野菜の料理は、
パッパとできて、
おまけにカラフルで楽しいな。
 
Img_8584
Img_8624
晴天続きです。
藍の葉を摘みました。
Img_8816
とりあえず干して、
保存しときます。
沢山になったら、藍染できるかな。
誰か教えてね。
Img_8817
夕立の心配もなく、
今年は安心して梅も干せましたね。
(みなさんも、そうでしょ?)
Img_8979
今年は、
山暮らしの中で、
いまだかつて経験したことがないくらいの、
晴天続き、
高温続きですが、
そんな日々にぴったりの、
我が家の栄養ドリンクはこれ。
○カリスエットとか、
なんか白っぽくて微妙に甘ったるい飲み物いろいろありますけど、
我が家はこれで夏バテ知らず。
飲む点滴みたいなもんです。
自家製梅酢、味噌、大葉、きゅうり、
そしてすりゴマとおろししょうががたっぷりの冷汁です。
Img_8210
久しぶりにケイタリングのおしごとしました。
ズッキーニのオーブン焼き(バジルペーストをのせて)。
レンズ豆のインド風揚げ物
もち米のおやつ(ココナツミルク&バナナでアジア風に)
Img_8837
お客さんの、
リクエストにお答えして、
珍しく卵とチーズも使った料理を。
キッシュ2種類。
Img_8838
揚げ野菜のマリネ。
などなど。
Img_8840
とっても素敵なパーテイーで、
みんなで持ち寄ったご馳走たちと一緒に、
味わっていただきました。
Img_8885
インド料理のリクエストもありました。
夏野菜のカレー
ひよこ豆のカレー
ダルスープ
ジャガイモとオクラのサブジ
Img_8962
気に入ってもらえたかな〜。
Img_8964
夏休みの我が家の優雅なお食事風景。
ピクニック気分で。
Img_8587
ゲストハウスのお客さん気分で。
Img_7928
Img_8686
Img_8691
ベランダで、
カフェ気分で。
Img_8656
かわいらしいお客さんたちです。
Img_8658
朝の涼しい時間は、
ここで一人でテイータイム。
オトギリソウに囲まれたテーブルです。
(自然とこんなふうになったのです。)
Img_8784
一乗寺のAOWさんのパンと一緒に。
Img_8546
とうわけで、
夏休みは、
毎日がリゾート気分なのですの。
おほほほ〜。
いいでしょ。
ある朝のテイータイムのメニューは、
スコーンに、
自家製すももジャムと、
カシューナッツクリームを添えて。
お茶はトルシー茶でした。
Img_8981

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

誰も知らない・・・。

Img_7636
山奥の・・・・、
どこかにある・・・らしい、
誰も知らないゲストハウスです。
(以前は、助産院だったこともありました。(*^m^)
はるや助産院→
誰も知らないはずですが、
遠い異国から、
わざわざ尋ねてくる人たちがいます。
Img_8416
観光地?
なんも無いよ。
世界規模からみたら、
関空からは近いかも知れんけど、
観光コースからは、
大きーく外れてまっせ。
おしゃれなカフェ?レストラン?
無い、無い。
交通の便?
よく無いなあ・・・。
バス一本逃したら、
えらいことになるよ。
( ̄Д ̄;;
コンビニ?
あるよ。
車で40分走ったら。
Img_7628
はるやゲストハウスは、
そんなところ。
でもね・・・・。
Img_6885
わたしにとっちゃあ、
宝物がいっぱいのところなんだ〜。
Img_6876
どこからでも、
森へつづく散歩道。
どこからでも、
源流につづく散歩道。
Img_6898
小鳥たちの歌。
キラキラと木漏れ日。
清らかな水のせせらぎ。
Img_6913
朝の光に包まれて。
Img_7910
リリイちゃんを、
お供に歩く道。
Img_7915
ひっそりと、
たたずむ、
プライベートビーチ。
(*^m^)
Img_8526
大きな栗の木の下で。
あなたと、わたし。
漕ぐとクワガタが落ちてくる、
魔法のブランコ。
(*^m^)
Img_7751
ゆ〜らゆ〜ら、
のんびりハンモック。
Img_8219
そんな、
わたしにとって、
心からくつろげる、
やすらげる、
癒される、
満たされる、
宝物みたいな
場所が、時間が、
たっぷりと、
ここにあるんだ〜。
Img_8506
ここには、
カフェもレストランも無いけどね、
Img_7754
おひさんの光を浴びて、
朝ごはん。
Img_8350
東屋で、
緑に包まれて
お昼ご飯。
Img_8009
Img_8685
お花に囲まれて、
テイータイム。
Img_8549
KARAAGE?
(唐揚げ)
TERIYAKI?
(照り焼き)
TONKATSU?
(トンカツ)
SUSHI?
(すし)
ごめん。
無いねん〜。
シンプルな、
菜食ごはんや、
てづくりおやつを、
さあ、
召し上がれ。
Img_8027
Img_7977
Img_8349
「イチャリバチョーデー」
一度会ったらみんなきょうだい。
大家族になって、
にぎやかごはん。
Img_8044
Img_8324
Img_8288
この犬、
若い男性には、
妙に慣れなれしいですが・・・・。
Img_8051
一緒に手抜きうどん・・・じゃなかった手打ちうどんしたり。
Img_8041_2
Img_8321
100パーセント天然水の、
オーガニックプール水浴びしたり・・・・。
Img_8244
雨の音を聴きながら、
読書。
おひるね。
Img_8701
トラツグミの子守唄を聴きながら、
満天の星空。
月のひかり。
そして、
心ゆくまで朝ねぼう。
誰も、
起こさないよ・・・・・。
Img_7629
ゆっくりしてね。
のんびりしてね。
ダラダラしてね。
ゴロゴロしてね。
いっぱい寝てね、
ナマケモノになってね。
Img_8093
そんなふうに、
何日か過ごして、
みんな最高の笑顔で、
旅立っていきます。
この幸せな笑顔たちが、
わたしたちへの、
最高のおくりもの。
Img_8056
Img_8331
Img_8355
誰も知らないゲストハウス。
なのに、
東京見物、
京都や奈良でのお寺、神社巡り、
大阪でお好み焼き、たこ焼き食べて、
芸術の島直島へ、
そしてヒロシマへ・・・。
東から西へ、
西から東へ、
限られた時間の旅の途中に、
ひょっこりと、
横道へとだいぶんそれて、
やってくる旅人たちがいます。
↓キャンプする人も。
Img_8309_2
何も無いけど、
ここに、たっぷりとある何か。
心ゆくまで味わって、癒されて、満たされて、
旅立つ人たち。
ああ、良かった。
ここで、楽しめること、
一通り楽しんでくれはったね。
旅人するのもいいけどね、
わたしたちのこの場所で、
旅人を迎えたり、
旅人を送るのも、
また、嬉し。
誰も知らない、
はるやゲストハウスにようこそ。
Img_8091

| | コメント (0) | トラックバック (0)